tekonndoo1

濱田真由さんは2015年に日本人初となるテコンドー世界選手権での金メダルという偉業を実現しました。

今もっともリオの金に近いと言われている濱田真由さんのこれまでの凄い成績や、リオオリンピックでの速報結果などを中心にお伝えしていきます。

※リオオリンピック速報結果は情報が入り次第追記します。
【関連記事】
⇒テコンドーオリンピック濱田真由の股下身長とダンスとwikiプロフィール


スポンサードリンク




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




濱田真由wikiプロフィール

本名:濱田真由(はまだまゆ)
生年月日:1994年1月31日
出身地:滋賀県
身長:174cm
体重:56kg
高校:佐賀県立高志館高校
大学:徳山大学
所属:ミキハウス

濱田真由 金

テコンドーの世界選手権が初めて開催されたのは1973年

当時は男子のみの開催でしたが、1987年より女子の部も開催されるようになりました。

 

世界選手権は2年に1回のペースで開催され、テコンドーの大会では世界の最高峰に位置します。

 

そして、1973年の第1回世界選手権から2013年の第21回世界選手権まで、日本人の金メダル獲得数は

なんとゼロ!!

 

2013年の世界選手権では濱田真由さんは惜しくも2位で銀メダルどまりでした。

 

しかし、2年後の2015年におこなわれた第22回世界選手権で悲願の金メダルを獲得します。

濱田真由さんは日本人初となる偉業を達成したことになります。

濱田真由 戦績

濱田真由さんのテコンドーでの成績についてまとめました。

【濱田真由 戦歴】

2009年 

アジアジュニアテコンドー選手権:49㌔級

3位

 

 

2010年

世界ジュニアテコンドー選手権:49㌔級

3位

 

 

2011年

全日本テコンドー選手権:57㌔級

優勝

 

ロンドンオリンピックアジアテコンドー予選:57㌔級

3位

 

 

2012年

全日本テコンドー選手権:57㌔級

優勝

 

アジアテコンドー選手権:57㌔級

3位

 

ロンドンオリンピック:57㌔級

5位

 

韓国オープン国際テコンドー選手権:55㌔級

優勝

 

 

2013年

全日本テコンドー選手権:57㌔級

優勝

 

世界テコンドー選手権:57㌔級

2位

 

アジア競技大会:57㌔級

優勝

 

 

2014年

全日本テコンドー選手権:57㌔級

優勝

 

アジアテコンドー選手権:57㌔級

2位

 

 

2015年

全日本テコンドー選手権:57㌔級

優勝

 

世界テコンドー選手権:57㌔級

優勝

 

柔道やボクシングのように体重別で階級がわかれている場合、女子の人でもおおよその体重がわかってしまいますね。

 

テコンドーの階級は女子の場合以下のようにわかれています。

46kg~49kg フライ級

49kg~53kg バンタム級

53kg~57kg フェザー級

 

興味深いのは2010年までは49㌔級だったのが、翌年には1階級を飛び越えて57㌔級になっていることです。

現在は57㌔級なんので濱田真由さんの体重は53kg~57kgだということがわかってしまっています。

 

調べてみたら、なんと所属しているミキハウスのプロフィールには、思いっきり”56kg”と書かれていました。

 

2013年からの成績がエグいくらいに良いですね。

もしこの成績が競走馬でしたら(競走馬に例えるのは失礼ですが)確実に1番人気のオッズがつきますよ。

それだけに期待も高まってしまいます。

濱田真由 リオオリンピック日程時間

濱田真由さんはリオオリンピックでも57㌔級で出場されます。

競技テコンドーの開催に日時は以下のようになっています。

 

【テコンドー開催日時】※日本時間

8月18日

57㌔級:夜の9時開始

濱田真由 オリンピック結果

2012年のロンドンオリンピックでは残念ながらメダルに手が届きませんでしたが、次のリオオリンピックではメダルへ期待が高まります。

<濱田真由 リオオリンピック結果>

速報が入り次第 追記してお伝えします。
【関連記事】
⇒テコンドーオリンピック濱田真由の股下身長とダンスとwikiプロフィール