on03

ドラマon異常犯罪捜査官藤堂比奈子を見ていて思ったことがあります。

ドラマの雰囲気といい東海林泰久の設定といい、あの堤幸彦さんの代表作「ケイゾク」に似てやしませんか!?


スポンサードリンク




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




ケイゾクとの共通点

作品内容

扱っているのがともに猟奇殺人であること

ONもケイゾクもサイコパス的な犯人が登場する作品となっています。

 

また主演の女優と俳優のコンビで事件を解決していくスタイルも似ていると言えます(ONは2話まで視聴)

2話目の冒頭シーンは完全にケイゾクを思い出しました。

ドラマの登場人物

柴田純(中谷美紀)当時24歳

名台詞:「あのー、犯人わかっちゃったんですけど」

特徴:東大の入試や司法試験の問題を瞬時に解く天才的な頭脳と洞察力・論理性を備えている

 

藤堂比奈子(波留)25歳

名台詞:「とても興味深い」

特徴:未解決事件をすべてが頭に入っている人間離れした記憶力の持ち主

 

上司は昼行灯

ケイゾク上司:野々村光太郎(竜雷太)

柿ピー(バイアグラ入り)をこよなく愛し、ことなかれ主義でめんどくさいことには関わり合いたくないと思っている。

 

ON上司:厚田巌夫(渡部篤郎)

禁煙中、部下への気配りがあるものの決断力に欠ける部分もある。

ケイゾク真山徹の役は渡部篤郎さん

東海林泰久と真山徹

もっともケイゾクとon異常犯罪捜査官が似てると思うのが東海林泰久と真山徹の設定です。

二人の性格や過去のことで悩んでいる姿など、ほとんど同一人物か、と思ってしまうほど似ています。

 

 

東海林泰久

on01

を変出者に殺されている、そのことが理由で心に傷を持っている。

殺人犯に異常な憎悪の感情を持つ正義感の持ち主

殺人事件が発生すると上司の命令を聞かず単独で奔走し、犯人逮捕や情報収集を入手する為に違法捜査も厭わない

 

真山徹

on02

はサイコパスである朝倉に殺害され、心に大きな傷を負っている

犯人の欺瞞を暴き醜い本性を暴露する。

また独自の強い正義感を持ち犯罪者を憎悪している

必要以上に強い口調で罵ったり、ときには暴力まがいの行動を取ることもある

ケイゾクから今後の展開を知る

ぶっきらぼうで何を考えているかわからない真山徹は、いつしか柴田純と殺された妹を重ねて思うようになり柴田に心を開いていきました。

ONでも人と関わり合いを絶って単独行動を起こしている東海林泰久は、そのうち藤堂比奈子には心を許すかもしれません。

 

また、ケイゾクの黒幕的存在は朝倉という真山徹の妹を殺した犯人でした。

もしかすると、ONも東海林泰久の妹殺した犯人が黒幕という可能性もあるかもしれません。

 

真山徹はケイゾクの劇中では死んでいません。

しかし、世界観が共通している続編と言えるドラマ「スペック」で殉職したことが告げられています。

ということは、最終回で東海林泰久も殉職又は生死が不明の状態に陥るということもあるかもしれません。

※私はケイゾク作品は知っていますがon異常犯罪捜査官の原作を読んでおらず、またネタバレサイト等の情報も見ていないため、このページの考察はあくまでも私個人の予想となります。

【関連記事】
⇒ドラマon異常犯罪捜査官藤堂比奈子の黒幕結末真犯人ネタバレを勝手に考察
⇒ドラマon異常犯罪捜査官藤堂比奈子の黒幕結末真犯人ネタバレを勝手に考察②