TBSドラマ「リバース」はミステリーを題材としたドラマです。

そこで、このページではドラマ「リバース」をより楽しむために、私個人が勝手にあらすじからネタバレまでを紹介していこうと思います。


スポンサードリンク


リバースのあらすじネタバレを予測せよ!

このページでは、わたしくサイトの管理人が公式HPやSNSの情報を元に、ドラマ「リバース」のあらすじネタバレ予測するページです。

ネットで検索するとすでに最終回の予想までされているかたもいらっしゃります。

 

なぜ、早くも最終回の予測ができるのか!?

 

それは、このドラマに原作が存在するからです。

原作者、湊かなえさんの小説を読んでしまえば、おおよそのストーリと展開はわかります。

 

しかし、それでは面白くないので、私はあえて原作を読まず、今ある情報とドラマを見た情報のみで、どこまで予想できるのかチャレンジしてみます。

 

つまり、見ようによっては、私がどれほど見当ハズレの予想をするのかを楽しむこともできます。

その場合、私は公衆のめんぜんで大ハジを晒すこととなります。

 

まぁ、その辺は慣れているので、あまり気にしませんが、それでも、予想を大きく外すと少し凹みます。

 

なので、小説版(原作)のガチのネタバレを知りたいかたは、他のサイトをご覧になることをオススメします。

原作の存在

湊かなえさんをご存知でしょか!?

日本を代表するミステリー作家さんのひとりだそうです。

 

私はミステリー小説をほとんど読まないので、作家さんについてうといです。

 

それでも、湊かなえさんの代表作『夜行観覧車』や『Nのために』は聞いたことがあります。

確か、ドラマ化もされていましたよね。

 

原作のリバース(小説)は2015/5/20に発売されています。

※画像をクリックするとアマゾンへ移動します。

 

ドラマ化されるくらいなので、レビューの平均星の数は「☆4」とかなり高評価となっています。

リバースあらすじネタバレ大胆予想

ドラマ「リバース」

ドラマ「リバース」のあらすじ

大まかなあらすじは公式HPにて紹介されています。

以下、公式HPより引用

主人公は深瀬和久(藤原竜也)32歳。

有名大学を卒業しながらも地味で、つまらない程、 普通の人生を送ってきた。

物語は彼の恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届いたところからまる。

その時、深瀬は心の奥底にずっと封印していた親友・広沢由樹(小池徹平)のと向き合うときが来たと直感するのだった。


スポンサードリンク



10年前の冬、大学のゼミ仲間:谷原康生(市原隼人)、浅見康介(玉森裕太)、村井隆明(三浦貴大)と、村井の妹:明日香(門脇麦)で行ったスノボ旅行中に不審な事故を遂げた広沢。

しかし──、この事故には隠された大きな『秘密』があった。

この『秘密』を共有した谷原、浅見、村井にも告発文が送られ、彼らにも次々と事件がいかかる。

深瀬は大事な人を守るために、10年前の事件の真相と向き合うことを決意する。

10年前の隠された罪と真相、脅迫犯の正体とは──!?

上記はリバースの公式HPで紹介されているドラマのあらすじです。

原作「リバース」

小説版「リバース」のあらすじ

実は公式HPにはドラマ版「リバース」のみならず、小説版「リバース」のあらすじも載っているので、一緒に紹介していきます。

以下、公式HPより引用

深瀬和久は、事務機器メーカーに勤めるしがないサラリーマン。日々、淡々と生きている。

そんな深瀬が唯一くつろげる場所は、こだわりの豆を販売しながら、
店の片隅でもその豆を使ったコーヒーが飲める〈クローバー・コーヒー〉だった。

何度か通ううちに、一人の女性─越智美穂子─と会い、やがて付き合うようになる。

単調だった日々に彩りが添えられたと思っていた矢先、美穂子との関係に大きな亀裂が走る事件が起きた。

『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた発文が彼女に送りつけられたのだった。深瀬は苦悶する。

*いままでの人生での唯一の闇。それを、遂に打ち明ける時がきたのかと──*

そして、深瀬は10年間言えずにいた「秘密」を語り始める…

原作との相違

ドラマ版と小説版を読み比べると、物語の始まりかたに違いを感じます。

 

ドラマ版では、彼女がいるところに告発文が届きます。

しかし、小説版ではコーヒ屋で彼女と出会う以前から始まっています。

 

つまり、最初の時系列が少し食い違っているように感じます。

もしかしたら、ドラマ版では彼女との出会いを振り返るように描かれているのかもしれません。

真犯人は誰だ

親友・広沢由樹(小池徹平)のがこの物語の大きな軸となっているように感じます。

 

大学のゼミ仲間である。

・谷原康生(市原隼人)
・浅見康介(玉森裕太)
・村井隆明(三浦貴大)
・村井の妹:明日香(門脇麦)

この中に真犯人がいるという展開がすぐに思い浮かびます。

 

でも、公式によると彼らにも事件がいかかると書かれています。

と、いうことは、もしかして、みんなんじゃうんでしょうか!?

 

そして・・・主人公の周りのみんながいなくなり

『そして、誰もいなくなった』

ってことはないでしょうね!?

 

もし、そうなら、真犯人はコーヒ屋のマスターとかが怪しそですが・・・

と、くだらない事を妄想しながらも、さらに推理を進めていきます。

 

ただ、ゼミ仲間の4人が怪しいとなるとすぐに犯人わかってしまいそうなんですよね。

 

それとも、実は他の人が真犯人なのでしょうか。

と、なると怪しいのは、恋人・美穂子(戸田恵梨香)が何か関与しているとかでしょうか!?

 

うーーん・・・まさかね。

それはナイか!?

 

それとも・・・

ま、まさか殺人じゃなくて、自殺だったとか・・・!?

 

そもそも親友が殺されたとは書かれていないですし、

でも「深瀬和久は人殺しだ」という発文が届くくらいだから、自殺の線は薄いでしょうか!?

 

少なくとも、この告発文を出した人間は、主人公(深瀬)が親友(広沢)を殺したと思っているようですね。

 

ん!!!

ま、まさか主人公が殺しちゃったとか!?

 

ホントのリバースの意味は主人公(深瀬和久)のの心だった・・・

なんてオチだったらブラックすぎて怖いですね。

 

でも、それじゃ、ある意味、ホラーだし、それはないですかね!?

個人的には、一番インパクトがある結末と言えるのですが!

ヒントはタイトル?

大きなヒントになると考えられるのは、タイトルの「リバース」です。

 

公式HPによるとリバースとは

reverse「逆」「反転」の意味をもち、同時にrebirth「再生」「復活」を表している

と書かれています。

 

また、「リバース」という単語と絡めて公式では、次のように解説されています。

このドラマは、視聴者の目線を毎回「リバース」させ、

事件や事故の真実を「反転」させるミステリーであり、

また亡くなった親友・広沢を軸に登場人物たちが友情や絆を「再生」させていく上質な人間ドラマでもある。

 

ドラマでは、「反転・再生」という意味を象徴するかのように、物語が進んでから、巻き戻すという見せかたをしていきそうですね。

 

もしかしたら、同じ事件(出来事)を色々な視点(登場人物ごと)で描くことで、視聴者により多くの情報と混乱を与えようとしているのかもしれません。

 

最終的には、主人公の周りの人間関係を修復するという「再生」を目指すようです。

それは、あたかも人生のリセットという意味にもとれますね

 

しかし、やはり私が注目するのは「反転」という意味です。

これは、「善」に対する「悪」をあらわしているようにも思えます。

 

平凡でいかにも善人そうな主人公のの部分がかいま見れるのかもしれません。

ん!!!

となる主人公が殺してる線って実はありそうな気も・・・

リバース色の謎

もの~~~凄くどうでもいいんですけど、、、

このページの一番上にドラマの画像があります。

 

それは、公式HPのものなのですが、なんでリバースの色がピンクなんでしょうか!?

 

このドラマは主人公が男性なので、男性っぽい色(たとえば青や緑)のほうが合う気がするのですが・・・

 

もしかしたら、視聴者のターゲットを女性にしているのかもしれませんね。

だとしたら、意外とすべて秘密は恋愛に関係があったりなかったりするのでしょうか(どっちだ・・・)

ドラマ「リバース」あらすじネタバレまとめ

いかがだったでしょうか!?

現時点(2017年2月16日)では、ここまでの予測が精一杯でした。

藤原竜也さん主演の前回のドラマ『そして、誰もいなくなった』を最終話まで見たので、「リバース」も見ていくと思います。

なので、ドラマが進むたびにさらに深く物語の真相を探って記事にしていきたいと思います。

 

あらすじネタバレ考察系のページは、ツイッターなどの書き込みと違い後から改ざんすることが可能です。

しかし、私は一度アップした考察を後か改ざんすることはいたしません。

なので、推測を修正したと思ったときは、随時「追記」というカタチで前に考察した情報は残るようにしておきたいと思います。

【関連記事】
⇒ドラマ【リバース】キャスティング設定から読み解くあらすじネタバレ。