yosidanagi01

テレビ番組「クレイジージャーニー」に出演し美しすぎる写真家として有名なヨシダナギさんに今回はスポットをあててみました。

 

気になるヨシダナギさんのカップ画像はあるのか?

その他ヨシダナギさんの知られざる姿にせまってみたいと思います。


スポンサードリンク




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

吉田凪wikiプロフィール

本名:吉田凪
生年月日:1986年
出身地:東京都
カップ:DorF(推定)
趣味:アフリカに行くこと
長所:自由奔放・好奇心旺盛
短所:人見知り・小心者
好きな場所:アフリカのド田舎

ヨシダナギ 写真集

ヨシダナギさんの写真集が2016年の3月の発売されました。

アマゾンで確認したところすでに在庫が無いようで、プレミアム価格となってしまい値段が高騰しています(上記の画像をクリックするとアマゾンに移行できます)

 

そこで、もっと安いところはないか探したところ楽天にありました。

しかし、こちらももしかしたら、在庫切れになる可能性があります。

⇒SURI COLLECTION(ヨシダナギ)

アフリカ人になりたかったあの頃

【TV appearance/TV出演のお知らせ】 I will be appearing on the program “Crazy Journey” airing on TBS on July 7. Check it out! ——————————————- 今夜、7月7日の「クレイジージャーニー」ではヨシダナギのナミビア旅の後編が放送されますー! * 今回の壮大な撮影では、過去に中々見ることの出来なかったヒンバ族の女の子たちの姿を見ることができましたので、今夜の放送は是非観てやって下さいませー!! * 放送日:2016年7月7日(木)24:10~ 番組名:クレイジージャーニー(TBS) ※地域によって放送日は異なります。 #ヨシダナギ #nagiyoshida #クレイジージャーニー #ナミビア #ヒンバ族 #himbatribe #namibian #この写真の男性はエチオピアのアファール族

Nagi Yoshida / ヨシダナギさん(@nagiyoshida)が投稿した写真 –

子供が好きだから保育士になりたい

人前で歌いたいから、歌手やアイドルになりたい

子供の頃の夢といったらだいたいこんな感じだと思います。

 

しかし、ヨシダナギさんが幼少の頃に描いた夢は”アフリカ人”になること!!

それは国籍だけアフリカ人になることではなく、DNAからアフリカ人になることを望んでいたようです。

 

幼い頃にアフリカ人をリスペクトする感性に独特なものを感じます。

 

しかし、自分の肌がいくら経っても黒くならないので、疑問い思ったヨシダナギさんは、親からあなたは日本人だからアフリカ人になることは出来ないという非情な現実を思い知らされます。

ヨシダナギ グラビア時代

ヨシダナギさんは、中学2の頃から不登校になってしまい引きこもりがちな生活を送っていたようです。

両親は離婚されていて、父親のものとで暮らしていたヨシダナギさんは、父親に買ってもらったパソコンでネットを通して人脈を広げていました。

そこで、知り合った人に自分のブログを作成してもらったところネットアイドルランキングで上位に選ばれました。

 

それをきっかけに芸能事務所から声がかかりグラビアアイドルとして一時活動をされていたようです。

 

ヨシダナギさんの、その頃の正確な年齢がわかりませんが、話しから推測すると高校生くらいの年齢だと思われます。

とすると今から10年以上前になります。

 

その気になるヨシダナギさんのグラビア画像ですが、かなり探してみましたがット上には存在していないようです。

ヨシダナギ 裸の写真家

裸の写真家と呼ばれているヨシダナギさんですが、被写体となるアフリカ少数民族の裸族である方達とのコミュニケーションとして彼らと同じ衣装を身にまとい裸になるという方法があります。

 

ヨシダナギさんが一風変わった写真家と言われ注目されている理由の1つでもあります。

 

番組「クレイジージャーニー」でヨシダナギさんの動向に密着していたときもヨシダナギさんは裸族と同じ姿になっていました。

そして、画面を通してでも分かるほど明らかにヨシダナギさんに対する態度が一変していました。

 

現地の裸族の人と同じカッコをすることは、警戒心を解いたり、心の距離を縮める効果があるんでしょうね。

 

こう例えるとわかり易いと思います。

全裸で銭湯にいるときに、洋服を着込んだカメラマンと銭湯にいる人たちと同じ裸のカメラマンとでは、どちらのカメラマンに写真を撮ってもらいたいでしょうか!?

自分達のテリトリーである銭湯に突然来て、しかしも洋服で身を固めている人に写真を撮らせてくれって言われてもYESと言う気になれませんよね。

まぁ、ほとんどの人はどちらのカメラマンでも撮ってもらいたいと思わないでしょうけど・・・

 

そういう意味では、このヨシダナギさんの作戦は理にかなっているとも言えます。

 

また、番組を見ていたら、ヨシダナギさんの着替えの部分にカメラは潜入していませんでした。

当たり前ですが・・・

 

しかし、民族衣装を自分で着ることはなかなか出来ないので(着るといっても布一枚程度ですが)現地の裸族の人たちの手を借りることなります。

実はこのあたりにも狙いがあるよな気もしています。

 

裸族の人も手を貸してあげた以上は、むげに出来ないという心理が働いているんじゃないでよしょうか?

何とかの法則というやつですね(一貫性の法則)

ヨシダナギ カップ

ヨシダナギさんで検索すると、ボカシ梨(無し)というキーワードが出てきます。

 

ヨシダナギさんのカップ画像を探しても、どれも基本的ぼかし蟻(アリ)のばかりです。

 

ホントにそんな画像あるんだろうか!?

とアダルトサイトの釣りに盛大に釣られながらもめげずに軽く数百分ほど探してみました。

 

しかし、そんな画像はどこを探してもありませんでした。

 

でも、よくよく考えたらあるわけありませんよね。

ヨシダナギさんのブログで紹介している画像がすでに修正が入っているんですもん(裸族の人たちはぼかしなしですが)

それでもカップが見たい人はヨシダナギさんのブログを下記で紹介しておきます。

⇒ヨシダナギブログ 

ヨシダナギ ガイド

番組「クレイジージャーニー」に7月に登場したヨシダナギさんですが今回で二度目の登場となります。

 

ヨシダナギさんは、事務所を通してオファーをするのではなく、すべて個人で交渉するため、現地でヨシダナギを守ってくれる味方となるのはガイドだけなんだそうです。

なので、1回目2回目共にガイドは現地の男性でした。

テレビの取材でスタッフが同行していないときは、ガイドの男性と2人っきりで裸族に会いに行くこともあるそうです。

 

ほわっとした中にも色気を感じさせるヨシダナギさんの魅力はアフリカ人にも伝わるようで恋心を抱かれることも珍しくないようです。

 

でも、ヨシダナギさんとしての興味はアフリカ人の少数民族である裸族の人たちです。

しかし、だからと言ってガイドの恋心を完全に拒否してしまうと見知らぬ土地で置いていかれたり、ちゃんと要望に応えてくれなくなったりするんだとか!

だからキャバ嬢がお客さんを転がすように、ガイドからの猛アタックを上手くかわしつつ、でも、まんざらでもないような雰囲気を出すことが重要なんだそうです。

 

たしかに、アフリカの砂漠で置いてかれたりしたら、死を意味しますからね。

自分の身は自分で守ると考えると、そのような手段も必要となってくるのかもしれません。

ヨシダナギ 写真画像

さて、ここからはヨシダナギさんのキレイな写真をほんの少しですが紹介したいと思います。

⇒ヨシダナギの美麗写真【画像】 

⇒ヨシダナギの美麗写真【画像】 

⇒ヨシダナギの美麗写真【画像】 

ヨシダナギさんの写真は女性ならではの鮮やかな色彩が特徴です。

 

多くの写真は思わず息を呑んでしまうほどキレイな画像ばかりです。

しかし、私は個人的にこの下の画像が一番好きです。

 

アフリカの裸族の人たちはギャル雑誌eggを見て何を思うのでしょうか!?

 

表情からは興味を持っているようにも見えますが、口におしゃぶりのような花?を咥えているところなど違和感たっぷりです。

【関連記事】
⇒りゅうちぇるイケメンの中学時代!高校時代は何じゃコリャ!?マル秘画像写真
⇒広瀬すずキスプリ(プリクラ)カップからジャニーズLINE流出まで黒歴史まとめ