マインド

【じゃんけん勝ち方】心理戦に持ち込みじゃんけんの確率を超えて勝つ方法を考えてみた。

投稿日:

もし、人生を左右する勝負をじゃんけんに託さなければならなくなったとき。あなたは運にまかせてじゃんけんをしますか?

じゃんけんに必勝法はないといいます。

たしかに、じゃんけんに必勝法などあったら、物事をじゃんけんで決めようなどとは誰も思わなくなりますよね。

 

しかし、じゃんけんを一種の心理戦と考えたとき確率を超えた勝機を見つけることができるはすです。

そこでこのページでは、心理学的な側面からじゃんけんに勝つ方法を考えてみました。


スポンサードリンク




じゃんけん確率

じゃんけんは「グー・チョキ・パー」の3つの手があるので、じゃんけんに勝つ確率は3分の1になります。

であるのならば、かりに今のこの瞬間、全世界の人間が一斉にじゃんけんをしたら「グー・チョキ・パー」の数は平均的になるはずです。

 

しかし、人がじゃんけんで出す手にはかたよりがあることがわかっています。

じゃんけんに関する面白いデータがあります。

【相手が初手で出す確率】

・グー:35.0%
・チョキ:31.7%
・パー:33.3%

 

つまり、この統計を信じるのなら「パー」を出せば勝つ確率がほんのちょっぴり上がることになります。

 

しかし、この確率を鵜呑みにし、その辺の人を捕まえて

今からじゃんけんしましょう~

じゃんけんぽん

などとやっても勝率はそんなによくないでしょう。

そもそも急にそんなこと言われたら怖ぇよ

私だって世の中が確率通りに回らないことぐらい知っているんです。

なぜなら、スマホゲームで最高レア3%のガチャを10連20回やっても最高レアがゼロなんてざらですから。

何度、運営が確率をゴチョゴチョしてんじゃないかと疑ったことか・・・

 

つまり、なにが言いたいかというと、このデータをもとにじゃんけんしても勝率はそれほど高くならないだろうと推測できます。

 

ただし、先ほどデータには続きがあります。

それによると、あいこになったとき相手が同じ手を出す確率は

22.8%!!

なんと、3割を切ることがわかっています。

あいこになったときは相手が別の手に変えることが多いというのは頭の片隅にしまっておくといいでしょう。

じゃんけんの心理学

心理戦を仕掛けて勝つ

他にもじゃんけんする瞬間の相手の手の形を見てそれに対応した自分の手を出して勝つ。

なんて方法もあるようですが、ボクサー並みの動体視力でももってないととても無理ですよね。

 

あなたはこんな格言をご存知でしょうか!?

勝負の9割は事前準備で決まる

じゃんけんをする段階になってから対策を考えてもそれでは遅いのです。

つまり、じゃんけんに勝つには、じゃんけんする前の仕掛が必要になるのです。

相手の心を揺さぶる宣言じゃんけん

たまにいますよね~!

オレは〇〇をだすぜぇ~

みたいなことを先に宣言して揺さぶってくる全然ワイルドじゃない人

でも、これって意外と心理的に効果があったりするんですよ。

やり方を説明しますね。

【宣言じゃんけんのやり方】

「オレはグーをだすぜぇ~」と宣言する。

もし、相手が言葉をそのまま信じれば「パー」を出す。

裏をかこうととすれば「グー」を出す。

つまり、この方法を使えば、相手の手は「パーかグー」に限定されるので、あなたは「パー」を出せば負ける確率を大きく減らすことができます。

 

ではあいこになった場合はどうするのか?

その場合はもう一度「パー」を出します。

理由は先ほどお伝えしたように。あいこになった場合は相手が同じ手を出す確率が22.8%とかなり低いからです。

 

でも、それだったら「グー」をだすのがいいんじゃない!?

たしかに、相手が「パー」を出さないのなら

相手の手は

・グー
・チョキ

の二つです。

それならグーを出しておけば負けないので、グーが正解のように思えます。

 

しかし、ここはあえての「パー」が正解なのです。

なぜなら、わずかながらに相手がもう一度「パー」を出すことも考えられるからです。

もう一つの理由は下で解説する「相手のチョキ封じ」にあります。

じゃんけんに勝ちたければ心理的優位をとれ

先ほどお伝えした「オレはグーをだすぜぇ~」と宣言するやり方ですが、「グー」以外の「パーやチョキ」を宣言してもいいんでしょう!?

と思うかたもいるかもいるかもしれません。

しかし、宣言のときは必ず「グー」を出すと言ってください。

 

じつは、宣言じゃんけんの目的は「相手のチョキ封じ」にあったんです。

 

人は緊張するほど身体がかたくなっていきます。

すると、力が入りやすい「グー」を出しやすくなります。

一方で複雑な「チョキ」は最も出しづらくなるのです。

実際にAKBのじゃんけん大会でも決勝に進むにつれて「グー」の確率が跳ね上がると言われています。

 

じゃんけんは「三すくみ」の関係にあります。

【三すくみ】

つまり、三すくみのうち、一番心理的に出しにくい「チョキ」をを封じることで「パー」で勝ちやすくするための戦法なのです。

【相手のチョキを封じる】

この効果を最大限にあげるためには

相手に

絶対に負けられない!

負けたら大変!!

と、思わせて心理的に追い込まなければいけません。

 

だから、知り合いに

ねぇねぇ、ちょっとじゃんけんしよ~

「オレはグーだすぜぇ!」

じゃんけんぽん!

これでは相手になんの心理的不安も起きてないので、こちらの思うように「グー又はパー」を出す確率はかなり下がります。

相手を心理的に追い詰める

ただじゃんけんをしてもダメなのはわかったと思います。

まずは相手に揺さぶりをかけ、

この勝負、絶対に負けられない

という心理的プレッシャーをかけましょう。

 

たとえば、

今からおこなうじゃんけんは男と男の勝負

勝ったほうは相手をグーパンでボコボコに殴っていいことにしよう。

と言ってじゃんけんします。

 

このとき相手の脳は「グー」で殴られるのを想像し「グー」に対して心理的嫌悪感が生まれます。

するとかなりの確率で相手は「チョキ」を出しづらくなります。

なので、相手が出すのは「グー・パー」になります。

もし、あいこになっても相手はチョキという選択肢を選びづらくなるので次は「グー」をだす確率があがります。

 

いやいや、じゃんけんに勝っても人間関係が終わるだろう!!

もちろん、これをそのまま実践すれば、じゃんけんには勝てるかもしれませんが、その後に恐ろしいほどの孤独を味わうことになってしまうでしょう。

ここで知っておいて欲しいのは、殴ると脅せばじゃんけんに勝ちやすくなるということではないんです。

 

たとえば、
人生においてどうしてもやりたくないことに直面し、その当番をじゃんけんで決めようとなったとします。

もちろん相手も当番を回避したいと思っているはずです。

そこで、あえて相手に当番になったときの嫌なイメージを増幅させるのです。

 

すると相手はぜっっっったいに負けたくないと思います。

負けたくない

負けたくない

負けちゃダメだ!負けちゃダメだ!負けちゃダメだ!

と思って身体がこわばるほど心理的に「チョキ」は出しづらくなり、力が入る「グー」を出しやすくなるのです。

つまり、じゃんけんに勝てるかどうかは、相手に「負けられない」とプレッシャーを与えられるかどうかにかかっているのです。

【お願い】

さて、いかがだったでしょうか!

ひとつだけ私からのお願いがあります。

このページで描かれているじゃんけんをするときはあくまでも自己責任でお願いします。

私との約束だよ!!

ちなみに、もし相手がこの知識を持っていた場合は返り討ちにあう可能性があることもご了承ください。

人気の記事

1

物事には始まりがあれば終わりもあります。 「もう、終わるんだな~」と思ったとき、ふいに寂しげな気持ちになったりしませんか? そのせいでしょうか。沈む夕日を見ながら、どこからか流れてくる「夕焼け小焼けの ...

2

ネットで検索するとさまざまな芸能人のワキガ情報をみることができます。 「テレビで見かけるあの芸能人がワキガだって!!」っと知ることができるだけでなんだか得した気分になれますよね。 しかし、ネットの情報 ...

3

旦那さんからのスメハラでお悩みではありませんか!? ・旦那さんがいるときはマスク着用 ・寝息がクサくて口でしか息できない ・加齢臭のせいでもらいげゲロしそう 人は年を取るほど加齢臭も強くなっていきます ...

4

加齢臭の原因は「ノネナール」です。ノネナールは「活性酸素」の働きによって増減します。 つまり加齢臭対策とは活性酸素をいかに上手にコントロールできるかがポイントになります。   しかし、加齢臭 ...

5

もしかしたら、 ・泣けるアニメ ・感動するアニメ を調べている過程で「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」という異常に長いアニメのタイトルを聞いたことあるかもしれません。 みんな「そのアニメ」が ...

6

展示会が開かれれば長蛇の列になるフェルメールの作品。   そんなフェルメールの全作品と 謎多きフェルメールという作家の魅力に迫ってみたいと思います。   とりあえず、「このページさ ...

-マインド

Copyright© ミドルエイジ情報com , 2018 All Rights Reserved.