加齢臭

夏に加齢臭が悪化する原因は汗!加齢臭をおさえる6つの汗対策

更新日:

加齢臭が発生する原因は季節には関係なく夏も冬も同様です。

しかし、夏は紫外線が強く汗をかきやすいので夏には夏の加齢臭対策も必要になります。

 

もしあなたが夏に加齢臭が悪化すると感じているのなら「汗」への取り組みかたを意識するだけで加齢臭を改善できるかもしれません。

そこで、このページでは夏にやっておくべき加齢臭対策についてまとめました。


スポンサードリンク




どうして夏に体臭は悪化するの?

一般的に加齢臭は夏よりも冬の方が悪化しやすいです。

しかし、人によっては夏の方が加齢臭が悪化することもあります。

その理由は、汗にあります。

 

健康的でいい汗をかくことができている人ほど夏は加齢臭がしません。

汗をかくことで汗臭くなると思われるかもしれませが、じつはそうではないのです。

夏にほとんど汗をかかない人ほど加齢臭は悪化しやすくなります。

夏にすべき6つの加齢臭対策

クーラーは控えめに

夏になるとクーラーを使うと思いますが、できるだけクーラーは我慢したほうがいいでしょう。

空調の効いた部屋に長い間いると体温調節機能が乱れてしまいます。すると汗腺機能が衰え、汗の出が悪くなってしまうのです。

 

汗をかかなくなった汗腺には老廃物がたまりやすく、細菌のエサとなる成分も多くなりカビや細菌が繁殖してしまいます。

夏になるとなんとも言えない「ゴミっぽい臭い」がするのは、細菌が皮脂を分解したときのニオイです。

このニオイは加齢臭とは異なりますが、女性が最も毛嫌いする「ミドル脂臭」と呼ばれるニオイなので夏はきちんと汗をかくようしましょう。

加齢臭とミドル脂臭の違いと2つに共通する4つの対策法

 

もし、仕事がら室内勤務で汗をかけないなら平日は半身浴、休日はサウナや岩盤浴で汗をかくようにすると加齢臭改善に役立ちます。

加齢臭改善に半身浴は最適!正しい半身浴を実践して加齢臭のない生活を送ろう

サウナは加齢臭対策になる!効率よく加齢臭を解消するサウナの利用法とは

岩盤浴で加齢臭を改善する!身体にいい汗は体の中からニオイを消してくれる

汗はこまめにふき取る

汗をかくのがよいからと言っても、そのまま汗を放置してしまうと皮膚の表面にカビや細菌が繁殖してしまいます。

夏の加齢臭対策に汗が出たらすぐに拭き取るのは鉄則です。

そのため、汗はこまめにふき取るようにしましょう。

 

汗を拭き取るというと、思い浮かべるのは乾いたハンカチではないでしょうか?

しかし、夏の加齢臭対策のために乾いたハンカチで汗を拭き取るのはよくありません。

 

先程もお伝えした通り、汗をかくと細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

乾いたハンカチで汗は拭き取ることができても、細菌は拭き取ることができないのです。

そこでかたく絞った濡れたハンカチを使うようにしましょう。

 

濡れたハンカチなら皮脂汚れや細菌をふき取ることができるので、時間が経っても肌から臭いニオイを発しなくなるようになります。

ただし、注意点があります。

濡れたハンカチを何度も拭いてしまうと細菌を再度、肌につけるのと同じなので良くありません。かといって濡れたハンカチを何枚も持ち歩くのも現実的ではないでしょう。

 

そこで食べ物を密閉するためのジッパー付きのビニール袋に濡れたハンカチを入れておくようにしましょう。

何回か汗を拭った後は、トイレなどで濡れたハンカチを水洗いすることで同じハンカチを使うことができます。

朝シャワーは加齢臭を防ぐ

夏は寝汗をかきやすいので、朝は少し早めに起きて朝シャワーを浴びるとニオイを取ることができます。

シャワーの温度を高めにする設定してしまうと、シャワーから出た後も汗がひかずにワイシャツなどに汗がついてしまうのであまり温度を上げないようにしましょう。

 

シャワーの終わりに「冷水シャワー」を浴びるのがオススメです。

冷水シャワーには

・身体の発汗をおさえる

・体臭防止

などの効果があるので夏には最適です。

 

ただし、急に冷水にすると心臓に負担がかかるので少しずつ水を冷たくして身体から火照りが取れたら冷水シャワーを終了しましょう。

冷水シャワーから出た後は外の温度が気持ちよく感じられますよ。

重曹風呂でスッキリさわやか

重曹は皮脂の汚れや老廃物を洗い流してくれます。アルカリ性の重曹は酸性系の臭いを中和消臭するので加齢臭の原因であるノネナールも消臭してくれます。

また重曹は浴槽の油汚れをとることもできます。浴槽の床のぬめりは皮脂の汚れなので重曹風呂に入るだけで床のぬめりを解消してくれます。

重曹風呂の作り方

重曹風呂の作り方はとても簡単です。

湯船に市販の重曹をひとつまみ入れるだけで完成です。

加齢臭をおさえようとたくさん入れても効果はあがらないので注意してください。

重曹風呂は週に一度程度まで

重曹風呂は肌をアルカリ性に傾けてしまいます。

確かにそのおかげで酸性である臭いを抑えることができるのですが、肌をアルカリ性に大きく傾けしてしまうと、カビや雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

 

雑菌が繁殖してしまうと、体臭が強くなってしまうのであまり頻繁には入らないようにしましょう。

目安は週に1度程度です。

乾燥肌・敏感肌の人は様子を見ながら

重曹は皮脂を洗い流してしまうので肌を乾燥させてしまいます。

そのため、乾燥肌敏感肌の人は注意が必要です。

 

最初のうちは入浴後シャワーで重曹を洗い流すようにした方がいいでしょう。

乾燥肌敏感肌の人は入る間隔も週に1度ではなく2週に1回などから始めた方がいいと思います。

夏野菜は加齢臭に良い

加齢臭は皮脂に含まれる脂肪酸と活性酸素により発生した過酸化脂質が混ざることで発生した「ノネナール」が原因です。

活性酸素の発生をおさえることで過酸化脂質が減り結果として加齢臭のニオイを軽減することができます。

 

夏野菜に大量に含まれるビタミンCやビタミンEには抗酸化作用があり活性酸素を除去してくれます。

抗酸化作用とは活性酸素に対抗する力のことです。

特にビタミンCは活性酸素の除去率が高く、優秀なのでたくさん摂ることで加齢臭改善に役立ちます。

 

また、夏野菜は夏バテ防止にも効果が高いです。

【加齢臭を抑制してくれる夏野菜】

きゅうり
トマト
ナス
ピーマン
オクラ
トウモロコシ
カボチャ
ズッキーニ

厚生労働省の目安によるとビタミンCの摂取量は成人の大人でおよそ100ミリグラムだと示されています。

しかし、実際には活性酸素を除去するためにビタミンCは大量に消費されます。タバコを吸う人やアルコールを飲む人はさらにビタミンCが不足します。

そのため加齢臭を改善するために必要なビタミンCの量は最低1000ミリグラムだと考えられています。

 

1000ミリグラムとなるとさすがに野菜だけで摂るのは難しいです。サプリなどと併用するといいでしょう。

デオドラント剤

最近ではデオドラント剤はエチケットのひとつとして多くの人が持ち歩いてと思います。

特に夏は汗をかきやすいのでデオドラント剤を使う機会も多いでしょう。

 

夏にオススメなのは使用感の気持ちいサッパリとしたタイプです。

スプレータイプは汗を止める効果は高くてもニオイを止める効果は弱いです。

夏はジェルタイプのデオドラント剤を選ぶようにしましょう。


夏の加齢臭対策【まとめ】

夏の加齢臭対策のポイントは「汗」です。

クーラーなど空調の効いた部屋に長い時間いると汗腺が衰えてしまうので汗腺を鍛えるために適度に汗をかくようにしましょう。

しかし、汗はかいたまま放置すると細菌のエサとなり細菌を繁殖させてしまいます。

汗はこまめに拭いて細菌の繁殖を抑えましょう。

 

また食事面ではビタミンCが不足しがちなので夏野菜を多めに摂ってビタミンCを補いことも大切です。

ビタミンCは加齢臭を悪化させる活性酸素を素早く除去してくれます。食事だけで栄養を補うのは難しいのでサプリなどを利用するといいでしょう。

 

他にもエチケットとしてデオドラント剤も併用して使うとうまく夏の加齢臭を乗り切ることができるでしょう。

人気の記事

1

物事には始まりがあれば終わりもあります。 「もう、終わるんだな~」と思ったとき、ふいに寂しげな気持ちになったりしませんか? そのせいでしょうか。沈む夕日を見ながら、どこからか流れてくる「夕焼け小焼けの ...

2

ネットで検索するとさまざまな芸能人のワキガ情報をみることができます。 「テレビで見かけるあの芸能人がワキガだって!!」っと知ることができるだけでなんだか得した気分になれますよね。 しかし、ネットの情報 ...

3

旦那さんからのスメハラでお悩みではありませんか!? ・旦那さんがいるときはマスク着用 ・寝息がクサくて口でしか息できない ・加齢臭のせいでもらいげゲロしそう 人は年を取るほど加齢臭も強くなっていきます ...

4

加齢臭の原因は「ノネナール」です。ノネナールは「活性酸素」の働きによって増減します。 つまり加齢臭対策とは活性酸素をいかに上手にコントロールできるかがポイントになります。   しかし、加齢臭 ...

5

もしかしたら、 ・泣けるアニメ ・感動するアニメ を調べている過程で「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」という異常に長いアニメのタイトルを聞いたことあるかもしれません。 みんな「そのアニメ」が ...

6

展示会が開かれれば長蛇の列になるフェルメールの作品。   そんなフェルメールの全作品と 謎多きフェルメールという作家の魅力に迫ってみたいと思います。   とりあえず、「このページさ ...

-加齢臭

Copyright© ミドルエイジ情報com , 2018 All Rights Reserved.