ビジネス 習慣

【MACの法則】計画倒れを防ぐためには事前準備が大事!目標達成する3つポイント

更新日:

誰にだって叶えたい目標ってありますよね。

その目標が叶うのか叶わないのかは事前準備で5割決まるというのをご存知でしょうか?

 

事前準備をおろそかにしたまま目標に向かって突っ走ってもうまくいきません。

そこで、このページでは誰にでも簡単にできる目標を達成させるための「MACの法則」を紹介していきます。


スポンサードリンク




目標を達成するためには事前準備が大切

目標を達成するためには事前準備が一番大切になります。

この過程で間違った行動や考え方をしてしまうと、目標達成までの道のりが遠のくばかりか、へたをすると目標を達成することができなくなってしまいます。

たとえば、

・夏までにポッコリお腹をへこましたい

・クリスマスまでに彼女を作りたい

・ハーレム王にオレはなりたい

・お金儲けして自由を手に入れたい

このような目標をたててもほとんどは未達成で終わってしまいます。

なぜなら、目標のたてかたが間違っているからです。

 

なぜ、このような設定ではうまくいかないのか?

アイントホーフェン工科大学の研究チームが分析したところ、効果をあげるための事前準備の法則というのを見つけました。

それがMACの法則です。

MAC最強の法則

MACの法則と言っても、某ハンバーガーチェーンが行っている法則とか。

某リンゴ社が出しているパソコンの法則とかではありません。

MACとは

・Measurabla(メジャラブル)
・Actionable(アクショナブル)
・Competent(コンピテント)

この三つの頭文字をとった言葉です。

オレって横文字見るだけでじんましんできるんだよな

大丈夫です。

私も似たようなものですから。

そんなときには無理に英語を覚える必要はありません。

それぞれの言葉の意味を頭に叩き込むようにしましょう。

Measurabla(メジャラブル)測定可能性

Measurablaとは測定可能性のことです。

多くの人が勘違いしているやり方は、自分の希望や願望をそのまま目標にしてしまうことです。

 

人は無意識にゴールを設定します。

その際にハッキリと数字でイメージできるゴールに置きかえれないと目標を達成するまでのモチベーションが続かないことがわかっているのです。

 

たとえば、

夏までにポッコリお腹をへこましたい

ポッコリというフワッとした目標では頑張りが続きません。

 

お腹をへこますため

・朝はヨーグルトのみ

・1日100回の腹筋

・1日3㎞のウォーキング

・おやつをきっぱりやめる

などと自分に課したとします。

でも、これらとポッコリお腹との関連性を脳が認識しにくいのです。

じゃ、どうすればいいの?

ポッコリお腹ではなく「ウエストを今よりも5㎝減らしたい」のように明確な数値として設定しなければなりません。

具体的な数値で目標を設定すると自然と脳が反応するのでモチベーションが下がりづらくなります。

クリスマスまでに彼女を作りたい

「クリスマスまで」ということで期限は明確になっています。

しかし彼女を作るというのは数値ではあらわされないため目標設定としては不十分です。

彼女を作る方法は

出会いの回数×口説きスキル

という方程式で成り立ちます。

 

つまり「合コン・街コン・ネットでの出会い・ナンパ・友人の紹介」などで積極的に女性を合う回数を増やすことです。

しかし、いくら出会いの回数を増やしたとこで女性から魅力的に思われななければ彼女を作ることはできません。

そこで、必要になるのが口説きスキルです。

 

口説きスキルのことを説明するとそれだけで数ページ必要になってしまうので省略しますが、一番大切なのは清潔感です。

たとえば、髪を切るのに床屋に行っている男性と美容院に行っている男性では圧倒的に美容院のほうが彼女ができる確率が高いことがわかっています。

Actionable(アクショナブル)行動可能性

Actionable(アクショナブル)とは行動可能性のことです。

ザックリいれば、それって本当に達成できると思ってるの?ということです。

 

たとえば、

ハーレム王にオレはなる!!!

などと言っても日本では一夫多妻制は採用されていません。

また、「何人もの女性と付き合いたい!!」と童貞の人が言っても

それってホントにできると思っている??って聞きたくなりますよね。

 

よくゴールは高く設定しべきといいますが、高すぎる設定はゴールとしては向いていません。

 

「近所の山も登ったことがない人が、おれはチョモランマを登頂するぜ!!」

と言っても無理じゃないですか。

普通に死ぬし

 

・高すぎるゴール
・遠すぎるゴール

を設定するということは無意識にゴールをあきらめているとも言えます。

 

「いや~やっぱ死にたくねぇし、チョモランマ諦めるわ」

と簡単にゴールすることを諦めてしまうのです。

 

ではどうすればいいのか!?

ハーレム王ではなくまずは「1人とベットを共にする」というように実現可能な身近なところから設定していくべきです。

Competent(コンピテント)適格性

Competent(コンピテント)とは適格性のことです。

それをおこなうことが本当に自分が望んでいることなのか?

自分の価値観に合っているのか?

と考えてみてください。

 

たとえば、

経済的自由になるために月収100万円稼ぎたい

と思っても

・朝から晩まで働き詰め
・詐欺みたいな商品を売って稼ぐ

本当にそこまでして月収100万円が欲しいのか?ということです。

ここまでの【まとめ】

それではここまでの内容を一度まとめましょう。

目標を達成するためには事前準備が大切です。

 

そのためにはMACの法則を活用するといいです。

MACの法則とは

・測定可能性

・行動可能性

・適格性

のことです。

正しい事前準備の方法

これまで説明してきたMACの法則を使うことで、あなたが設定した目標に確実に近づくことができます。

 

多くの人は知識を得てもそれを行動に移すことができません。

なぜなら、具体的に考えるためのすべを知らないからです。

そこで、MACの法則を実際に使うための簡単なSTEPを紹介します。

自分自身に問いかけてみる

MACの法則を活用するためには次の5つ項目を自分自身に問いかけてみるといいです。

【5つのSTEP】

①自分にできるだろうか?
逆算的思考

②自分は本当にそれをしたいのだろうか?
適格性(MACの法則)

③どのように自分はこれをするのか?
行動可能性(MACの法則)

④いつ自分はするのか?
測定可能性(MACの法則)

⑤もっとうまくやるにはどうすればいいのか?

5つのSTEP具体例

それでは、自分自身に問いかけてみる方法を具体的におこなってみましょう。

例題として「ラーメン屋で100万稼ぐ」を目標に設定します。

①自分にできるだろうか?

「ラーメン屋で月100万円を達成する」という目標に対してどうすればその目標を達成できるのか考えます。

たとえば、ラーメンの単価を平均な700円だとして考えてみましょう。

その場合、月に100万円の売り上げをあげるためには1日33000円以上が必要です。

そのためには1日に48杯のラーメンを売らなければなりません。

【月100万円稼ぐための目標】

700円×48杯=33600円

1日:33600円

1ヶ月(30日):1008000円

そこそこ繫盛しているラーメン屋で100杯程度らしいのです。

それならば、すぐは無理でも続けていれば50杯は売れるだろうと予測し、実現できそうだと考えることができます。

②自分は本当にそれをしたいのだろうか?

たとえ、ラーメン屋で100万稼げたとしても、そもそもラーメン屋で100万稼ぎたいのかを考える必要があります。

たとえば、

今はブラック企業でサラリーマンをしているけど、もう今の会社には行きたくない。

だから、昔からの夢だったラーメン屋で稼いで会社をやめたい。

もともと自分の作ったものを誰かが美味しい!と言ってもらえることで喜びを感じるので自分には合っている

このように目標を達成することが本当に自分が望むことなのか考えてみましょう。

③どのように自分はこれをするのか?

実際にどのような方法で月100万円を目指すのかプランを考えます。

・フランチャイズに加盟するのか、それとも修行してからのれん分けしてもらうのか。

・スープの味はどうする?豚骨・魚介・白湯

・麺の太さは細い?太い?

・ターゲット層はどうする女子狙い・家族狙い・独身男性狙い

・店内の席数は?

・集客はどうする
人通りの多いところは立地的に物件が高額になるから、裏通りの安めの物件を探し、SNSで集客することでコストカットできるだろうか

このよにできるだけ細かく考えていきます。

④いつ自分はするのか?

目標をいつまでに設定するのかを定めます。

目標に期限をつけることで逆算して今おこなわなければならないことや優先順位を明確にすることができます。

例)1年以内に月100万

⑤もっとうまくやるにはどうすればいいのか?

今は時代の移り変わりが早いので、いまの方法がつねに最善とは限りません。

今よりも、もっと良い方法がないのか絶えず模索することが大切です。

①今よりも良い方法があるかも
②今のままがベスト

この場合、もちろん①の考えかたをしている人のほうが成功するまでが早くなります。

 

今回は「ラーメン屋で月100万稼ぐには」を目標に設定しました。

しかし、実際にはラーメン屋で100万円稼げても

・材料代

・家賃

・電気・ガス・水道代

・アルバイトなどの人件費

を除くとギリ黒字かへたをすると赤字になることもあるようです。

そう考えるとラーメン屋で儲けを出すのってかなり大変ですよね。

 

ちなみに、私は40代になってからラーメンを食べるとお腹を壊す体質になってしまったので、もう何年もラーメンを食べておりません。

胃腸が丈夫な人がうらやましい・・・

人気の記事

1

物事には始まりがあれば終わりもあります。 「もう、終わるんだな~」と思ったとき、ふいに寂しげな気持ちになったりしませんか? そのせいでしょうか。沈む夕日を見ながら、どこからか流れてくる「夕焼け小焼けの ...

2

ネットで検索するとさまざまな芸能人のワキガ情報をみることができます。 「テレビで見かけるあの芸能人がワキガだって!!」っと知ることができるだけでなんだか得した気分になれますよね。 しかし、ネットの情報 ...

3

旦那さんからのスメハラでお悩みではありませんか!? ・旦那さんがいるときはマスク着用 ・寝息がクサくて口でしか息できない ・加齢臭のせいでもらいげゲロしそう 人は年を取るほど加齢臭も強くなっていきます ...

4

加齢臭の原因は「ノネナール」です。ノネナールは「活性酸素」の働きによって増減します。 つまり加齢臭対策とは活性酸素をいかに上手にコントロールできるかがポイントになります。   しかし、加齢臭 ...

5

もしかしたら、 ・泣けるアニメ ・感動するアニメ を調べている過程で「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」という異常に長いアニメのタイトルを聞いたことあるかもしれません。 みんな「そのアニメ」が ...

6

展示会が開かれれば長蛇の列になるフェルメールの作品。   そんなフェルメールの全作品と 謎多きフェルメールという作家の魅力に迫ってみたいと思います。   とりあえず、「このページさ ...

-ビジネス, 習慣

Copyright© ミドルエイジ情報com , 2018 All Rights Reserved.