産後の悩み

産後の便が硬くて辛い!薬を使わずに便を柔らかくする7つの方法

更新日:

産後、便秘になって苦しい

便が硬くなってツラい!

という女性が増えています。

トイレでスッキリ出せないとストレスですよね。

 

授乳中のお母さんなら赤ちゃんのために、薬を使わずに便を柔らかくしたいと思っているはずです。

そこで、このページでは、薬に頼らずに硬くなってしまった便を柔らかくして気持ちよい快便ができる方法を紹介していきます。


スポンサードリンク




便を硬くしてしまう5つの原因

授乳による水分不足は硬い便の原因になる

母乳にはたんぱく質、炭水化物、ミネラルなど赤ちゃんの栄養になる成分がたくさん含まれています。

その中でもっとも多いのは水分です。

 

赤ちゃんはお母さんの母乳からしか水分補給をできないので、赤ちゃんにとって水分が多いのは良いことです。

しかし、授乳によりお母さんの水不足が深刻になってしまいます。

 

母乳の水分はお母さんの腸の水分が使われるので、喉が渇いてなくても腸内の水分が不足していることがあります。

腸の水分が減ることで便は硬くなってしまいます。

ホルモンバランスの影響で便が硬くなる

妊娠すると体内の赤ちゃんを育てるために女性ホルモンが増加します。

しかし、産後は女性ホルモンが急激に減少します。

女性ホルモンが一気に減ることで更年期のような症状を訴える女性もいます。

 

このときに自律神経が大きく乱れてしまうのです。

腸にはさまざまな神経細胞が通っているので、自律神経がみだれることで腸の動きが悪くなり便秘気味になってしまいます。

出産時の傷口の不安から便意の我慢してしまう

出産のときにの傷が気になって排便のときにりきめないという不安は多くの女性が持っています。

しかし、排便を我慢していると、そのうち便意を感じなくなってそのまま便秘になってしまうことがあります。

ガスのたまりすぎにも注意

便秘などの理由でガスが腸内にたまりすぎるのもよくありません。

ガスで腸が張ってしまうと蠕動運動(ぜんどううんどう)の妨げになり便秘しやすくなってしまいます。

迷惑にかからない場所であればおならを我慢せずに出してしましょう。

骨盤のゆがみは腸の動きを鈍くする

出産によって開いた骨盤が出産後は少しずつ閉じていきます。

しかし、姿勢が悪かったり、筋力が低下したりすると緩んだ関節が戻らなくなります。

すると骨盤は開いたままになり、腸の動きが鈍くなってしまいます。

スポンサーリンク

気になる方は骨盤ベルトを使ったり整体に通って改善したほうがいいでしょう。

改善するのに最適な期間は産後1か月後から半年以内だと言われています。

便秘を解消し便を柔らかくするための7つの対策

マッサージで腸の動きを活性化させる

腸の動きが鈍くなると、便秘になったり、便が硬くなったりしてしまいます

そんな時はお腹周りのマッサージをすると腸に良い刺激を与え便通がよくなります。

また、お腹の血行も良くなるので腸を元気にすることができます。

便秘を解消するマッサージ

姿勢は寝たままでも、立ったままでも、座った状態でも構いません。

楽な姿勢をマッサージをおこなってください。

手のひらをお腹にあてるので、寝ながらおこなうときは仰向けになります。

【便秘解消マッサージ手順】

①おへそを中心に円を描くようにマッサージしていきます。

②左下腹部(S状結腸)に便がたまりやすいので左下腹部から始めるをいいでしょう。

③10回程度おこなったら常温の水を飲んで老廃物を出すようにします。

丹田と肛筋を鍛えるだけで健康になれる

姿勢は立ったままでも座ったままでも構いません。

背骨を反らさずにピーンと背筋を伸ばします。

真上から糸で吊るされているイメージです。

 

姿勢が決まったら

① 下腹部を膨らませたりへこませたりします。

② 同時に肛門を穴をギュッと締めて緩めるを繰り返します。

やってみるとわかると思いますが、かなり辛いです。

最初は10回から少しずつ回数を増やしていくといいでしょう。

 

ヘソの下には丹田というツボがあり、東洋医学では非常に重要な場所と知られています。

その丹田を前に後ろに動かすことで腸の動きがよくなり便秘解消につながります。

 

また、便秘になる理由として骨盤のゆがみがありますが、肛筋を鍛えることで歪んでいる骨盤を理想的な位置に戻してくれます。

肛筋はおしりから背筋までつながっているので肛筋を鍛えることでヒップアップにつながり猫背が治るのでポッコリお腹も治すことができます。

ポッコリお腹はみためが悪いだけでなく、腸に圧力がかかるので、腸の蠕動運動の妨げになり便が硬くなったり便秘の原因となります。

産後は赤ちゃんへのお世話が大変で運動する時間など取れないと思います。

少しでも運動不足を解消するために、この方法を取り入れてみるといいでしょう。

朝一番に水分を摂ると腸が生き返る

目覚めたばかりでは、まだ腸も活動的になっていません。

腸を起こすために目覚めの水がいいと言われています。

ただし、お母さんの体を冷やすのはよくないので、冷蔵庫で保管している冷たい水ではなく「お湯・ミルク・味噌汁」などの温かいのもを飲むようにしましょう。

快便するためには食事が大事

便秘になってから食物繊維を摂っても効果はない

快便や便秘に食物繊維が良い!

って聞きませんか!?

食物繊維は便の量を増やしてくれたりするので便秘予防にはいいのですが、便秘になった後では効果がないのです。

便秘の状態というのは、悪玉菌が優勢になっている状態のことです。

食物繊維は善玉菌だけでなく、悪玉菌のエサにもなってしまうので、悪玉菌が優勢の時に食物繊維をとるとかえって便秘を悪化させてしまいます。

冷えた白米を美味しく食べれば便を快適になる

炭水化物ダイエットなどで白米を控える女性も多いです。

しかし、冷えた白米を食べる「冷や飯ダイエット」というのもあるってご存知でしょうか!?

 

ご飯は冷やすことで「レジスタントスターチ」というデンプンにかわります。

このレジスタントスターチは腸で消化されにくいので太りにくく、また便のもとになるので便秘解消にも役立ちます。

 

実はこの機能は食物繊維と似ているんです。

だから食物繊維を多めにとるよりもきんと3食白米を食べたほうが健康的でお通じもよくなります。

 

冷えたご飯は

・おにぎり

・お弁当

などでも大丈夫です。

 

ただし冷蔵庫で急激に冷やすのではなく常温で徐々に冷やしてください。

冷えたご飯は自然とよく噛んで食べることになります。

よく噛むことでおならの回数を減らすことができます。

なぜならおならはほとんが口から入った空気だからです。

産後のおならが硫黄クサい!おならが臭う原因とニオイを解消する改善策

オリゴ糖を善玉菌に与えると便秘が解消し便も柔らかくなる

整腸作用が最も期待できるのはオリゴ糖です。

オリゴ糖は胃や小腸で消化されずに大腸にまで届きます。

 

オリゴ糖の素晴らしいところは、善玉菌がオリゴ糖を食べると乳酸と酢酸などの「酢」出すところです。

悪玉菌の多くは酢に大変弱く、オリゴ糖が腸内に入るたび悪玉菌を減らすことができます。

 

また、酢は腸内の中では「異物」と認識されるので身体は酢を外へ排出させようとします。

この時に大腸は蠕動運動(ぜんどううんどう)が盛んになり便が出やすくなります。

【オリゴ糖を含む食品】

・てん菜
・玉ねぎ
・はちみつ
・たけのこ
・大豆

オリゴ糖はこれらの食材から摂ることができるのですが、オリゴ糖をエサとする「ビフィズス菌」にはたくさんの種類がありそれぞれ好き嫌いがあります。

そのため効率よくビフィズス菌を繁殖させるためにはオリゴ糖入りのサプリを摂ったほうが確実です。

 

しかし、市販されている多くのオリゴ糖は添加物が含まれているので赤ちゃんのいるお母さんにはオススメできません。

赤ちゃんのことを考えてオリゴ糖を摂るなら添加物が含まれていない日本で一番売れている「カイテキオリゴ」がいいでしょう。

>>1分に1個売れている日本一のオリゴ糖商品『カイテキオリゴ』

妊娠中や赤ちゃんが飲んでも大丈夫?(yahoo知恵袋より)

お母さんのトイレの時間も大切な時間

授乳を他の人に変わってもらうことはできません。

お母さんがトイレに行きたいタイミングで赤ちゃんが泣き始めると、放置してトイレにいきづらくなってしまいます。

しかし、こうしてトイレにいくことを忘れてしまうと、次第に便が硬くなってしまいます。

 

赤ちゃんは泣くのが仕事です。

ときにはお母さんのトイレの時間を優先することも大切です。

産後の硬い便を柔らかくして快便する方法【まとめ】

腸内環境を改善することで、便秘を解消し硬い便を柔らかくすることができます。

冷えた白米には便秘を解消する効果が高いので、できるだけパン食よりご飯を食べるように心がけましょう。

 

便秘を解消し便を柔らかくするには「オリゴ糖」が最も効果的です。

ドラッグストアなどでオリゴ糖を買うこともできますが、授乳中のお母さんは赤ちゃんのことも考えてできるだけ天然素材のものを選んでください。

妊娠中や赤ちゃんでも飲むことができる「カイテキオリゴ」なら安心して飲むことができます。

>>1分に1個売れている日本一のオリゴ糖商品『カイテキオリゴ』

便秘や便が硬い症状があるお母さんは、おならのニオイもクサいことがあります。

おならのニオイが臭いのは腸内の悪玉菌が多いからです。

悪玉菌を減らし善玉菌を増やすためには食生活の見直しも必要です。

産後のおならについては下のページをご覧ください。

産後のおならが硫黄クサい!おならが臭う原因とニオイを解消する改善策

人気の記事

1

物事には始まりがあれば終わりもあります。 「もう、終わるんだな~」と思ったとき、ふいに寂しげな気持ちになったりしませんか? そのせいでしょうか。沈む夕日を見ながら、どこからか流れてくる「夕焼け小焼けの ...

2

ネットで検索するとさまざまな芸能人のワキガ情報をみることができます。 「テレビで見かけるあの芸能人がワキガだって!!」っと知ることができるだけでなんだか得した気分になれますよね。 しかし、ネットの情報 ...

3

旦那さんからのスメハラでお悩みではありませんか!? ・旦那さんがいるときはマスク着用 ・寝息がクサくて口でしか息できない ・加齢臭のせいでもらいげゲロしそう 人は年を取るほど加齢臭も強くなっていきます ...

4

加齢臭の原因は「ノネナール」です。ノネナールは「活性酸素」の働きによって増減します。 つまり加齢臭対策とは活性酸素をいかに上手にコントロールできるかがポイントになります。   しかし、加齢臭 ...

5

もしかしたら、 ・泣けるアニメ ・感動するアニメ を調べている過程で「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」という異常に長いアニメのタイトルを聞いたことあるかもしれません。 みんな「そのアニメ」が ...

6

展示会が開かれれば長蛇の列になるフェルメールの作品。   そんなフェルメールの全作品と 謎多きフェルメールという作家の魅力に迫ってみたいと思います。   とりあえず、「このページさ ...

-産後の悩み

Copyright© ミドルエイジ情報com , 2018 All Rights Reserved.