頭皮のニオイ

頭皮の臭いはシャンプーが原因!頭皮の皮脂を落とす正しいシャンプーの方法

更新日:

頭皮は蒸れやすくニオイが気になる場所です。

そのニオイの原因は頭皮にある油(皮脂)です。

 

なんとなく、多くの人が頭の皮脂がニオイの原因だと気づいているハズです。

だから、皮脂を排除しようと頭皮クレンジングを試みようとしたりします。

 

しかし、そのようなことをしなくても正しいシャンプーの仕方をマスターすれば頭皮のニオイをおさえることができるのです。

そこで、このページでは頭のニオイを除去するための正しいシャンプーの方法を紹介していきます。


スポンサードリンク




頭皮が臭いのは皮脂の酸化が原因

頭皮のニオイは前頭部より後頭部のほうが強くなります。

なぜなら、後頭部のほうが皮脂が多く分泌されるからです。

実際に自分の枕のニオイを嗅ぐとよくわります。

 

自分の頭皮のニオイが気になるかたは次の方法で自分の頭皮のニオイを確かめてみてください。

【頭皮の臭いを確かめる】

①枕カバーをビニール袋に入れる

②空気で鼻をリフレッシュさせる

③ビニール袋のニオイを嗅ぐ

何とも言えない、酸っぱいような油っぽいようなニオイを感じ取れるはずです。

その頭皮のニオイの原因は、皮脂が酸化したものです。

 

皮脂が過剰に分泌されると毛穴詰まりを起こしやすくなります。

すると毛穴の中で行き場を失った皮脂が酸化しニオイを発生させます。

皮脂が毛穴に詰まってしまう理由

・加齢

・空調などの乾燥が原因

・紫外線

空気が乾燥していたり、紫外線の影響で、皮脂腺が刺激されると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

皮脂を失くせば臭いは消える?

皮脂が酸化することで、ニオイが発生します。

なら皮脂さえなくせばニオイがなくなるのかというと実はそう単純ではないのです。

頭皮クレンジングなどをして皮脂を全部洗い流してしまうと、今度は頭皮の皮脂が少なすぎて雑菌の繁殖を招いてしまいます。

頭皮の臭いには

①皮脂の酸化

②雑菌やカビの繁殖

この二つのパターンがあります。

 

皮脂が酸化した時は

・酸っぱいニオイ
・油っぽいニオイ

このようなニオイを発生させます。

スポンサーリンク

しかし、雑菌やカビの繁殖ときは

・チーズが腐ったようなニオイ

・生ゴミ

このようなニオイを発生させます。

 

雑菌やカビの繁殖した時のニオイのほうが、皮脂が酸化したときのニオイよい数倍臭いです。

つまり、皮脂全部なくすことは、さらに頭皮の臭いを強める結果となってしまうのです。

雑菌やカビが繁殖するのは皮脂膜が無くなったから

頭皮は通常、多くの皮脂に覆われています。

皮脂は皮脂膜を生成し皮脂膜は、酸性の性質を持っているので雑菌の繁殖をおさえる役割を持っています。

しかし、雑菌をおさえていた皮脂膜を根こそぎ洗い落としてしまうと、頭皮の皮膚はカサカサに乾燥し、雑菌の温床となってしまいます。

また、皮脂膜が無くなった影響で炎症なども発生しやしくなってしまいます。

皮脂を残しニオイをなくす正しいシャンプーの方法

実は正しいシャンプーをおこなえば、皮脂を残しつつ、毛穴の汚れを落とすことができるのです。

シャンプーした後

・べたつく

・頭の痒みがとれない

・頭皮がクサい

このようになるのは、正しいシャンプーをおこなえてないからです。

 

正しい方法でシャンプーをおこなえば頭皮のニオイも痒みもほとんど発生しなくなります。

正しいシャンプーで毛穴詰まりを落とす

正しいシャンプー方法

  • シャンプーの前にブラシをかけておく
  • ぬるま湯で1~2分、予洗をする
  • 手のひらにシャンプーを出し泡立てる
  • シャンプー液は頭皮につける
  • 指の腹でマッサージするように
  • すすぎ残しのないようにしっかりと流す
  • タオルで頭皮の水分を拭き取る
  • 髪から十分に離してドライヤーをかける

①シャンプーの前にブラシをかけておく

事前にブラシをかけておくことでシャンプーの泡立ちが良くなり汚れを落としやすくなります。

②ぬるま湯で1~2分、予洗をする

予洗とはシャンプーするまえに、髪と頭皮をお湯でしっかりと洗うことです。
もちろん、何も液などはつけずにお湯だけで流します。

 

皮脂の汚れがキレイに落ちないのは、この予洗をおろそかにしてしまうことが原因です。

美容師さんの話によると予洗を1~2分ほどおこなうだけで汚れの70%以上は落ちるそうです。

③手のひらにシャンプーを出し泡立てる

シャンプーを頭皮に直につける人はいないと思いますが、手にひらにシャンプーを出してすぐに頭皮にシャンプーをつけていませんか!?

あれ!泡立たないじゃん!!

っと思ってさらに液を追加してもシャンプーは泡立ちません。

 

実は一度の洗髪ではワンプッシ(1回)程度でじゅうぶんに泡立つのです。

正しい方法は手を濡らしてから手のひらにシャンプーを出します(ワンプッシュ)

手を洗うようにゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシします。

すると手全体にシャンプーが泡立ってきます。

 

シャンプー液はボブくらいの髪に長さならワンプッシュでも泡立ちます。

④髪を利用してシャンプーを泡立てる

手のひらで泡立ったシャンプーを落とさないように気をつけながら髪になじませていきます。

シャンプーは頭皮を洗うのが基本!というのは、ご存知のかたもいるかもしれません。

確かにそうなのですが、いきなり頭皮を洗おうとしても泡立ちがたりません。

髪になじませるようしながら泡立てていきます。

ポイントは髪を下から上へ空気を含ませるようにすると泡立ちが良くなります。

⑤頭皮を下から上へリフトアップ

爪を立てずに指のお腹で頭皮の下から上へ向かってマッサージするように指を動かします。

予洗で汚れがある程度落ちているので、ゴシゴシする必要はありません。

 

数回ほどマッサージをするだけで十分です。洗いすぎると大事な皮脂が全部流れてしまいます。

⑥すすぎ残しのないようにしっかりと流す

髪を洗い流すときはすすぎ残しに注意しましょう。

でも、汚れは落ちてるんだし、ちょっとぐらい残しがあっても問題ないでしょう

もしかしたら、このように思う人もいるかもしれません。

しかし、シャンプーのすすぎ残しはニオイの原因になります。

 

すすぎ時間の目安は3分です。

3分と文字で見るとすぐに感じるかもしれません。

でも、実際に計ってみるとわかりますが、かなり長いです。

美容院がすすぎに時間をかけているのはシャンプーを全部洗い流すためです。

 

面倒くさいからとすすぎ時間を短縮してしまうとニオイの元になるので注意してください。

⑦タオルで頭皮の水分を拭き取る

髪をタオルで拭くときにゴシゴシと髪を拭いてしまう人がいます。

しかし、濡れた髪はキューティクルが開いた状態なので、摩擦に非常に弱いです。

髪を拭くときはこすらないように、そっと上からおさえるような感じで拭きましょう。

 

また頭皮に水分が残ったままだと雑菌が繁殖してしまうので、頭皮までしっかりと拭き取ってください。

⑧髪から十分に離してドライヤーをかける

ドライヤーをかける際は最低でも頭から20㎝は離してください。

髪は熱に弱いのでドライヤーと髪が近すぎると髪を痛めてしまいます。

傷んだ髪は臭いの原因となるので、はやく乾かしたいからといって髪に近づきすぎないように注意しましょう。

界面活性剤入りのシャンプーは皮脂によくない

シャンプーを選ぶときは

・界面活性剤

・シリコン

・香料


の入っていないものを選びましょう。

界面活性剤入りのシャンプーは洗浄力が高く油汚れに強いです。

皮脂も油なので界面活性剤入りのシャンプーを使うと皮脂まで洗い流されてしまいます。

 

 

しかし、無理やり皮脂を取り除かなくても、毛穴詰まりを防げれば皮脂は酸化しません。

皮脂は皮脂膜を作り、皮脂膜は頭皮を雑菌から守ってくれる大切なものです。

 

皮脂や頭皮にダメージを与えてしまう化学物質入りのシャンプーはできれば使わないほうがいいでしょう。

天然由来のシャンプーを使うことで丈夫な皮脂膜が形成され頭皮に潤いを与えてくれます。

その結果、頭皮のニオイもなくすことができます。




➡Raburoシャンプー&コンディショナー

まとめ

頭皮のニオイの原因は皮脂の酸化です。

しかし、皮脂がニオイの原因だからと言って、皮脂を毛穴からごっそり取り除いてしまうと、頭皮を守る皮脂膜がなくなって雑菌まみれになってしまいます。

皮脂が毛穴で詰まらなければ、皮脂の酸化はおきません。

正しいシャンプーをおこなえば皮脂が毛穴で詰まることもなので、頭皮からのニオイを減らせます。

また、正しいシャンプーをおこなっていても、シャンプーに化学物質が使われていると頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。

頭皮や髪が傷つくとそこから雑菌が入り嫌な臭いが発生します。

シャンプーは

・界面活性剤が入っていないもの

・ノンシリコンのもの

・香料が入っていないもの

化学物質が入っていないものを選びましょう。

 

頭皮は傷つくやすくデリケートなので赤ちゃんでも使えるようなカラダに優しいもので作られたシャンプーが理想的です。

人気の記事

1

最近、体臭がキツくなってきた。 枕カバーから嫌なニオイがする。 人は年を重ねると加齢臭などオヤジ臭がしてきます。   私たちの体臭は食べたものから作られるので、食べるものを改善することでオヤ ...

2

もしかして私ってワキガ!? もし、自分がワキガかどうか悩んでいるのならば、このページで紹介するワキガチェックをして判断してみるといいでしょう。 スポンサードリンク 目次1 そもそもワキガって何?2 ワ ...

3

体からモワっとしたクサいニオイがすることはありませんか!? たとえば、にんにくなどニオイのきつい食べ物を食べたとき、臭うのは口臭だけとは限らないんですよ! 実は身体の表面からもニオイの原因となる「皮膚 ...

4

あなたクサイわよ! お父さんクサイ~ なんて妻や子供から言われたらショックですよね。   家族から「クサイ」と言われるということは、職場の人や友人も同じように思っているかもしれません。 強烈 ...

5

頭皮は蒸れやすくニオイが気になる場所です。 そのニオイの原因は頭皮にある油(皮脂)です。   なんとなく、多くの人が頭の皮脂がニオイの原因だと気づいているハズです。 だから、皮脂を排除しよう ...

6

ニオイによるハラスメントを「スメハラ」言いますが、臭いニオイにも種類がありますよね。 ・香水のニオイがキツい ・口臭がクサイ ・タバコくさい ・体臭がくさい このページでは、職場にいる臭い人への対策法 ...

-頭皮のニオイ

Copyright© 栄光の轍 , 2018 All Rights Reserved.