頭皮のニオイ

頭皮からオジサン臭!30代女性が今度こそ頭皮のニオイを消すための対策法

投稿日:

早起きして朝シャンするも、お昼には頭皮からオジサン臭が・・・

もし、あなたもこのような経験があるのなら早急に身の回りに原因がないか探るべきです。

規則正しい生活

和食中心の食生活

ストレスなく十分な睡眠

このような取り組みをおこなうことで腸内環境は改善されていきます。

根本的な体臭を改善していくことでいずれニオイが軽減されるかもしれません。

 

しかし、もしあなたが今すぐ簡単に効果を得たいと思っているのなら、このような悠長なことを考えるよりも、まず使っているシャンプーを見直すべきです。

なぜなら頭皮のニオイの9割はシャンプーが原因だからです。

 

シャンプーによっては価格をおさえる代わりに頭皮にダメージを与える成分が入っています。

間違ったシャンプーを長いあいだ使っているとニオイは改善されるどころかますます悪化していきます。

どんなに生活態度を改めたところで身体に毒なものを飲んでいたら健康になれないのと同じです。

 

そこで、このページでは、頭皮からオジサン臭のようなクサいニオイを発生させている30代以上の女性が、体質改善をおこなうことなく簡単に頭皮のニオイを消す方法を紹介していきます。


スポンサードリンク




結論

まだページの冒頭ですが、世間にはせっかちな人が多いので、いきなり結論から先にお伝えしまたと思います。

<結論>

頭皮のニオイを消すには

シャンプーを天然由来100%のものに変える

>>【半額モニター募集中】無添加にこだわった100%天然成分シャンプー

頭からオジサン臭がする原因は皮脂

頭皮からオジサン臭のようなニオイがしてしまうのは皮脂が原因です。

皮脂を分泌する皮脂腺が一番多いのは顔ではなく頭皮です。

たしかに頭ってすぐに蒸れてベタベタしますよね。

頭皮は湿気の多いジャンルに似ています。

 

しかし、じつは皮脂そのものはクサくはないのです。

それどころか、皮脂膜はバリアー機能があるので

・紫外線

・カビ

・細菌

これらから頭皮を守ってくれるいい頼もしい存在でもあるのです。

 

問題は頭皮にいる常在菌のうちの悪玉菌です。

皮脂膜のバリアー機能が働いているうちはいいのですが、何かの原因で皮脂膜が壊されてしまうとカビや悪玉菌がいっきに繁殖します。

すると悪玉菌と皮脂が混ざって嫌~なニオイを発生させるのです。

 

ジャンルのような密林に菌をまき散らせばクサくなるのと同じです。

頭皮がクサくなるのは市販のシャンプーを使っているから

石油系界面活性剤入りのシャンプーに注意

突然ですが、あなたが使っているシャンプーの裏に書かれている表記を確認してみてください

【シャンプー成分】

・ラウレス〇〇

・ラウリル〇〇

・オレフィン〇〇

・アルキン〇〇

・ドデシル〇〇

「ラウレス」や「ラウリル」とは界面活性剤の中でも石油系界面活性剤と呼ばれるものです。

石油系界面活性剤は市販されている多くのシャンプーで使われています。

石油系界面活性剤は洗濯洗剤でも使われている成分なので泡立ちがよく非常に洗浄力が強いです。

 

しかし、界面活性剤は肌への刺激が強すぎるので、サッパリ感と引き換えに目に見えないダメージを頭皮に与えてしまいます。

・敏感肌の人

・乾燥肌の人

・脂性肌の人

などのかたはシャンプーしてすぐに頭が痒くなったという経験があるのではないでしょうか!?

頭皮が痒くなったり、クサくなったりするのは、皮脂が洗い流されることで悪玉菌が繁殖するからです。

 

石油系界面活性剤が入ったシャンプーを使うと強すぎる洗浄力のせいで皮脂を全部洗い流してしまいます。

皮脂がなくなった頭皮は皮脂膜というバリアーがなくなっているので悪玉菌だらけになります。

皮脂が分泌されて皮脂膜が形成されれば悪玉菌は収まりますが、翌日にシャンプーをすればまた悪玉菌が増えてしまいます。

 

これではシャンプーをするほど頭はクサくなり痒くなってしまいます。

まるで皮をむいたゆで卵に石油をぶっかけているようなものです。

お風呂上りはクサくないのに数時間経つとクサくなってしまうのはこのような理由があるからです。

 

よくよく考えてみると、身体に使っているボディーソープで髪を洗うことはできてもシャンプーで身体を洗うのはかなり抵抗がありますよね。

たしかに肌がピリピリしそう

頭皮も肌なので洗浄力が強く刺激のありすぎるシャンプーは使うべきできではないのです。

CMで宣伝していても安心とは限らない

多くの人はCMで大々的に宣伝をされている商品は安全で身体(とくに髪の毛)には何の害もないと信じていると思います。

しかし、それは違います。

消臭スプレーとして有名なファブリー〇もマウスの実験で死亡が確認されています。

 

有名=絶対安全

ではないのです。

 

いままでいろんなシャンプーをドラッグストアで買って、ニオイや痒みが改善されないというかたはシャンプーそのものに問題があった可能性が高いです。

大手の会社の製品だから

天使の輪ができるから

有名女優がCMしているから

と言った会社のイメージ戦略に惑わされず自分で成分を確認してから買うことが大切です。

ちなみにシャンプー業界では有名なので知っている人も多いと思いますが、シャンプーCMの多くが合成です(もちろん天使の輪も)

市販のシャンプーの原料単価は極限までおさえられている

市販されているシャンプーの値段ってそのほとんどが広告費だって知っていました!?

車や掃除機などが値段が高いものはCMを流しても費用を回収できるのはわかります。

でも、シャンプーような元の値段が安いのにあれほどCMを流しても赤字にならないのは原料費がめちゃくちゃ安いからです。

 

なぜ、それほど安くおさえられるのか?

それは安価で洗浄力が極端に強い石油系界面活性剤を使っているからです。

無添加シャンプーやオーガニックシャンプーを使っていても安心とは限らない

石油系界面活性剤、石油系界面活性剤、ってうるさいけど…私使ってるの無添加シャンプーだから

健康志向の人なら

・無添加シャンプー

・オーガニックシャンプー

・アミノ酸系シャンプー

を使っているかもしれません。

 

もしかしたら、自分は大丈夫だと思っていませんか?

無添加シャンプーなどと表示されていてもすべてが安全だとは限らないのです。

無添加シャンプーってホントに無添加なの?

無添加シャンプーって聞くと「化学添加物不使用」って思いません!?

ずっと私はそう思っていましたよ!!

でも違うんです。

 

無添加シャンプーとは、旧厚生省が定めた103種類の「表示指定成分」が含まれていないことを指します。

つまり指定された103種類が含まれていなければ「無添加シャンプー」と名乗っていいことになります。

 

糖分を気にしている人が「砂糖抜きで」ってお店に注文したら、店主が勝手に人工甘味料を入れるようなものですよ。

身体のために良かれと思って無添加シャンプーを使っている人はこれを知ったらどんな気持ちなのでしょうか!?

裏切られたと思ってしまいますよね。

オーガニックシャンプーってホントに頭皮にいいの?

実はオーガニックに関しては農林水産省によって規格が定められています。

・堆肥などで土作りを行っている
・化学合成農薬や肥料を使わない
・遺伝子組み換え技術を使わない

「オーガニックシャンプーなら安心」そう思ってしまいますよね。

でもちょっと待ってください!!

じつはこの規格は食品に関するものでシャンプーの基準ではないのです。

 

つまり、現在の日本では根拠もなくオーガニックシャンプーと名乗っていいことになります。

こうなってくると何シャンプーなら安心とは言えないのです。

 

大切なのは自分で成分表記を確認し

・石油系界面活性剤

・シリコン

・合成防腐剤

・合成香料

・合成着色料

が入っていないシャンプーを選ぶことです。


間違ったシャンプー選びが理由で起きる頭皮のトラブル

・皮脂の過剰分泌

・カビや雑菌繁殖

・加齢臭(オヤジ臭)

皮脂の過剰分泌

皮脂の成分は「脂(あぶら)」なので皮脂が過剰に分泌すると皮脂が酸化したときに「油っぽい」ニオイを発します。

大きな原因は石油系界面活性剤などの化学成分です。

 

他にも洗いすぎによっても皮脂は過剰分泌を起こします。

頭皮からニオイがするからと何度も頭を洗うのは逆効果になります。

 

市販のシャンプーで1日2回以上洗っているかたは注意したほうがいいです。

痒み、フケ、抜け毛、ニオイがあるのは間違いなく洗いすぎが原因です。

悪玉菌の繁殖

市販のシャンプーや洗いすぎによって皮脂膜が壊されてしまうと肌は乾燥します。

頭皮は乾燥すると乾いた大地の地面がはがれるように頭皮がはがれてフケが増えます。

 

皮脂膜が壊され、フケが増えると悪臭を発生させる悪玉菌が繁殖し、悪玉菌が皮脂を分解したときに「ゴミ」のようなクサいニオイを発生させます。(このゴミ臭をオジサン臭と感じている女性が多いです)

もし、頭皮から刺激臭がするときは頭皮の細菌バランスが悪玉菌に傾いていることが原因である可能性が高いです。

加齢臭の発生

年齢を重ねると皮脂の中に脂肪酸が増えてきます。

これは老化現象なので年を取れば誰でも起こることです。

このときに活性酸素によりできた過酸化脂質と脂肪酸が混ざることで発生する「ノネナール」が加齢臭の原因です。

 

頭皮がクサいのは加齢臭が原因だと思っているかたが多いですが、加齢臭が強くなるのは40代以降です。

40代より若くて頭皮がクサい場合は悪玉菌が原因であることがほとんどです。

頭皮からクサいオヤジ臭を追い出す

天然由来100%のシャンプー&コンディショナーを使う

オススメはハーブガーデンシャンプー

>>【半額モニター募集中】無添加にこだわった100%天然成分シャンプー

 

このシャンプーは天然成分100%のアミノ酸系シャンプーです。

・石油系界面活性剤

・シリコン

・合成着色料

・合成香料

・防腐剤

これらすべて入っていません!!

しかしメリットだけではなくデメリットも存在するので、その両面を把握したうえで購入したほうがいいでしょう。

ハーブガーデンシャンプーのデメリット

①泡立ちが悪い

②市販のシャンプーよりも少し高い

③ハーブのニオイが消えるのが早い

①泡立ちが悪い

強力な洗浄力を持っている石油系界面活性剤が入っていないため、どうしても市販されているシャンプーよりは泡立ちが悪くなってしまいます。

 

泡立ちが少ないと「汚れが落ちるか心配」と思うかたもいるかもしれません。

しかし、それはCMによってそう思わされているだけです。

髪の汚れの8割はお湯だけでも落とせるので2割分をシャンプーで落とせばいいことになります。

 

市販のシャンプーは肌触りをよくするためにシリコンを使い、洗浄力と泡立ちをよくするために界面活性剤が使われています。

しかし、そもそもシリコンも界面活性剤もなくても汚れは落ちるのです。

とは言え、使い始めは思ったよりもシャンプーの泡立ちが少なく、ビックリするかたが多いのは事実です。

②市販のシャンプーよりも少し高い

ハーブガーデン シャンプー&コンディショナーの値段は4000円です(公式サイト販売)

容量は2ヶ月分なので1ヶ月あたり2本で2000円です。

つまり、1か月あたりにすると1本1000円の計算になります。

 

完全天然由来のアミノ酸オーガニックシャンプーの中ではかなり安いほうです。

しかし、それでも市販のシャンプー&コンディショナーと比べれば価格は高くなってしまいます。

安価な石油系界面活性剤が入っていないことを考えればこれはどうしても仕方のないことです。

③ハーブのニオイが消えるのが早い

合成香料を使用していないので、市販のシャンプーのような強い香りをキープすることができず、ほのかな香りが漂う程度になってしまいます。

 

ただし、人によってはシャンプーのようなキツイ香りより、ほのかな香りや無臭のほうが心地いいと感じる人もいます。

ハーブガーデンのメリット

頭皮に優しい成分だけで作られている

頭皮に優しい成分だけで作られている

ハーブガーデンの最大のメリットはその成分です。

----------全成分----------

【洗浄成分】
水(オーガニックハーブティー)
ラウロイルメチルアラニンNa
ココイルグルタミン酸
ココアンホプロピオン酸Na
コカミドプロピルベタイン
ココイル加水分解ダイズタンパクK
ヤシ油(V.C.O)

【保湿成分】
グリセリン
ラフィノース
セリシン
ヒアルロン酸Na

【コンディショニング成分】
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)
クエン酸
ポリクオタニウムー10

【スカルプケア成分】
サクラ葉エキス
フムスエキス(フルボ酸)
ユチャ油(サザンカ油)
アロエベラ葉エキス
センブリエキス
ユズ果実エキス(ユズセラミド)
サンショウ果実エキス
グレープフルーツ果実エキス
スイカズラ花エキス
プルサチラコレアナエキス
アルニカ花エキス
オドリコソウ花エキス
オランダカラシエキス
ゴボウ根エキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
セイヨウアカマツ球果エキス
ローズマリーエキス
ローマカミツレ花エキス

----------ここまで----------

ハーブガーデンは

・石油系界面活性剤
・シリコン
・合成着色料
・合成香料
・防腐剤

のすべてが使用されていません。

 

頭皮がクサくなっていまうのはシャンプーがあっていないからなのですが、その大きな理由は「石油系界面活性剤、シリコン」などの化学成分です。

ハーブガーデンは天然成分100%なので頭皮ニオイ悩みを素早く解消してくれます。

 

朝起きて頭皮からオジサン臭がしたら朝からテンションただ下がりになってしまいませんか!?

仕事で人と会うのも嫌になってしまいます。

 

しかし、頭皮のニオイが改善されれば不意に後ろから人に近づかれても安心です。

エレベーターで背後に人が立ったときもドキドキしなくてすみます。

 

色々なシャンプーを試してきた人の中には「どうせ今回もダメでしょう!!」とあきらめているかたもいるかもしれません。

しかし、今まで使っていたシャンプーはきちんと成分まで確認してから手に入れましたか!?

 

市販のシャンプーが頭皮によくないことはさんざんお伝えしてきました。

しかし、

無添加シャンプー

アミノ酸系シャンプー

オーガニックシャンプー

などとうたっていても本当に化学成分が入っていないのかは成分表を確認しないと判断できないのです。

 

アトピーに効くと宣伝されているシャンプーの成分表をみたら、じつは石油系界面活性剤や化学物質がてんこ盛りだったという事例もあります。

ハーブガーデンをおすすめできる人、できない人

おすすめの人

【おすすめの人】

・色々試してもニオイが改善されていない人

・頭皮の加齢臭が気になる人

・将来、薄毛や肌荒れを起こさない安心できるシャンプーを使いたい人

おすすめのできない人

【おすすめできない人】

・シャンプーの香り重視の人

・シャンプーの単価を月900円以下に抑えたい人

公式サイト以外で買うと損する?

ハーブガーデンは市販のシャンプーのようにドラッグストアなどでは販売されていません。

ドラッグストアで販売されているシャンプーは、石油系界面活性剤を使用して原価を極限まで安くし莫大な広告費を商品価格に上乗せされたものばかりです。

 

ハーブガーデンはAmazon、楽天市場と公式サイトでのみ販売されています。

Amazon、楽天、価格は5600円(2か月分)

これが公式サイトから購入すれば4000円(2か月分)になります。

公式サイト以外で買うと1600円も損したことになるのです。

購入するなら公式サイトから買うのが一番お得です。

>>公式サイトでハーブガーデンをチェックする

 

人気の記事

1

物事には始まりがあれば終わりもあります。 「もう、終わるんだな~」と思ったとき、ふいに寂しげな気持ちになったりしませんか? そのせいでしょうか。沈む夕日を見ながら、どこからか流れてくる「夕焼け小焼けの ...

2

ネットで検索するとさまざまな芸能人のワキガ情報をみることができます。 「テレビで見かけるあの芸能人がワキガだって!!」っと知ることができるだけでなんだか得した気分になれますよね。 しかし、ネットの情報 ...

3

旦那さんからのスメハラでお悩みではありませんか!? ・旦那さんがいるときはマスク着用 ・寝息がクサくて口でしか息できない ・加齢臭のせいでもらいげゲロしそう 人は年を取るほど加齢臭も強くなっていきます ...

4

加齢臭の原因は「ノネナール」です。ノネナールは「活性酸素」の働きによって増減します。 つまり加齢臭対策とは活性酸素をいかに上手にコントロールできるかがポイントになります。   しかし、加齢臭 ...

5

早起きして朝シャンするも、お昼には頭皮からオジサン臭が・・・ もし、あなたもこのような経験があるのなら早急に身の回りに原因がないか探るべきです。 規則正しい生活 和食中心の食生活 ストレスなく十分な睡 ...

6

最近、体臭がキツくなってきた。 枕カバーから嫌なニオイがする。 人は年を重ねると加齢臭などオヤジ臭がしてきます。   私たちの体臭は食べたものから作られるので、食べるものを改善することでオヤ ...

7

体からモワっとしたクサいニオイがすることはありませんか!? たとえば、にんにくなどニオイのきつい食べ物を食べたとき、臭うのは口臭だけとは限らないんですよ! 実は身体の表面からもニオイの原因となる「皮膚 ...

8

あなたクサイわよ! お父さんクサイ~ なんて妻や子供から言われたらショックですよね。   家族から「クサイ」と言われるということは、職場の人や友人も同じように思っているかもしれません。 強烈 ...

9

頭皮は蒸れやすくニオイが気になる場所です。 そのニオイの原因は頭皮にある油(皮脂)です。   なんとなく、多くの人が頭の皮脂がニオイの原因だと気づいているハズです。 だから、皮脂を排除しよう ...

-頭皮のニオイ

Copyright© ミドルエイジ情報com , 2018 All Rights Reserved.